札幌テナント・オフィス

テナント・オフィス専門サイトのパイオニア。
株式会社ストアエステートがお届けするテナント情報サイト。 新規オープンやB級グルメ情報そしてトレンドのお店をご紹介するブログです。

    2013年02月

    99a96c91.jpg

    よくある質問シリーズも早いもので7回目突入です。
    今回の質問の答えは・・・。

    「たくさんあります。」
    何故かと言うと次の事項が考えられます。


    一、権利譲渡や居抜き物件で、従業員に知られずに水面下で売りたい場合
    二、オフィスビルの場合、既存入居者様に新規募集する賃料を知られたくない場合
    三、物件写真や物件所在地を確定されたくない場合
    四、単にHPはNGと言われる大手企業様の場合


    等々。


    そのようなHP掲載NG物件は、多数ございますのでお気軽に営業スタッフにご相談ください。
    尚、当社HPの掲載物件は極力、住所を公開して掲載しています。

    古い物件情報は未だ住所表記が途中までしか掲載されてませんが、今年度からの物件については
    住所公開致します。

    当社HPを見てお客様ご自身の目で物件を見て回り、気に入った物件がありましたらご連絡下さい。
    担当営業スタッフがご案内致します。



    e9db74f0.jpg


    当社はテナント専門の仲介業者です。
    内装業者も多数お付き合いがあります。

    でも、積極的にお客様には内装業者の斡旋はしておりません。
    当社ホームページに数社広告掲載している業者様はご安心かと思います。

    参考まで・・・

    大和建装
    ナンシンデザイン
    ペイントホーム
    ADS


    内装業者様にも得意不得意があります。
    原状回復工事など簡易な内装のみ得意とする業者、飲食店舗専門業者、店創など物販専門などです。

    それから、お見積もりは最低3社は取りましょう
    会社によっては見積内容や単価が全然違います。

    良心的な会社様は一式〇〇〇〇円ではなく、詳細品目をきちんと明示し、単価も載せてます。
    ただ単に安い工事費に飛びつくと仕上がり今ひとつ・・・
    追加工事のオンパレードだとか・・・

    どうしても安心できる内装業者を斡旋して欲しい場合はご紹介致します。
    尚、当社は業者様を紹介しても、その内装業者からバックマージンは一切いただいていません。

    ですから、その分工事費も多少はお安くできるかと思います。




    c7a7dcab.jpg
    17ec466f.jpg



    中央区南1条西11丁目にもう直ぐオープンするお店。
    今日、東区物調帰りに北大前店に行ってきました。

    筆者王道?のナポリタン大盛り600円頼みました。
    圧巻の極太麺とケチャップたっぷりスパゲティだ

    そして、店名通り満腹中枢を満たしてくれる大盛りです。
    ドリンク無し、水を飲みながらティッシュペーパーでケチャップ拭き拭き
    いただきました。

    昔懐かしいナポリタン。
    個人的に具は剥き海老でなくウインナーが好きですけど。

    600円で満腹。
    次回はミートスパチャレンジします。

    6e4585e6.jpg


    朝から騒然としてました。
    場所は中央区南三条西八丁目。

    先月まで入居してました事務所ビル真向かいの賃貸マンションから煙が
    ビル周辺は消防車10台前後、救急車、パトカーそしてマスコミ報道人のカメラ

    そして・・・野次馬。
    筆者もその一人だが

    火元の住人は何と筆者の知人でした。
    某デザイン事務所社長。

    人間いつ何時、災難が襲うかわかりません・・・。
    日々、気を張り巡らし細心の注意を心掛けた生活をしたいものです。

    54e4b797.jpg


    よくある質問シリーズも第5回目。
    今回は「訳あり物件とは・・・」です。

    早い話が事故物件だ。
    首吊り自殺や火災、殺人による事故等。



    賃貸と売買は明らかに重要事項説明では格段の差がある。
    賃貸は物件は土地・建物の説明で良いが、売買物件は土地・建物の説明は勿論のこと、売主からも確認事項を聞き取り書面に残すことが必要だ。(売主が事故を開示しない場合がある為)

    テナント仲介の場合、物件紹介の段階で事故物件をはっきり説明します。
    その場合、ほとんどのお客様からはお断りされます。

    住居系の賃貸・売買と違い、テナント業界は件数的には非常に少ない。
    いずれにしても不動産物件は調査と確認が必須事項だ。


    このページのトップヘ